認知症対策

例えば、信頼できる息子さんと信託契約を結んでおくことで、父親は元気なうちから財産の管理を息子さんに任せることができ、安心した老後を過ごすことができます。

そして、父親が将来認知症になったとしても、息子はそのまま管理を続けることができ、必要であれば実家を売却して父親の介護費用に充てたり、賃貸に出すという選択肢が増えるため、息子さんも安心です。